どっぷり、昭和町。とは?


老いも若きも、「どっ」と笑顔に。

大阪・阿倍野「昭和町」で、毎年開催される街の大きな文化祭「どっぷり、昭和町。」
街全体がお祭り騒ぎに包まれます。

地域の憩いの場「桃ヶ池町公園」は、街のお店が集うテーマパークに、
昭和町の歴史を感じる「長屋」は、ライブステージに。
商店街やお寺、公園も、どこも素敵なイベント会場に大変身。

ひとりでも、親子でも、おじいちゃんも、おばあちゃんも全世代が「どっ」と笑える昭和の日。

ぶらぶらするもよし、出店するもよし、歌うもよし、ボランティアに加わって、地域のみんなとふれあうもよし。
街のファンクラブに入って応援するって方も大歓迎。

楽しみ方は無限大です。

14回目の地域イベント

 

日時:2019年4月29日(月・祝)昭和の日

場所:御堂筋線「昭和町」駅すぐ、阿倍野区、昭和町周辺。
※昭和町駅から歩いて巡れるエリア

会場:桃ヶ池公園、阪南中公園、文の里商店街、大阪市立デザイン教育研究所、寺西家長屋、即応寺、他


メンバー紹介

実行委員会

  • 監事:寺西興一

     

<実行委員長>四井 恵介(よつい けいすけ) 野村監督(のむら かんとく) 仲村 理恵(なかむら りえ)
まちづくりの会社というからには、地元でなんかやってないと格好つかないねと、「どっぷり、昭和町。」の事務局を引き受けて、早や8年。 ボランタリーにやる限界もみえつつ、ちょっとずつ仕組みを変えつつ、毎年どうにか形にしながら、自分の住むまち、昭和町の日常がよりよくなるよう考えてます。
正々堂々スポーツマンシップにのっとり 阿倍野に住み続けること約7年。 2017年にコピーライターとして独立し、 自宅を事務所にしたことで、 今まで気づかなかった地域の魅力と遭遇。 今では、昭和町をはじめ 阿倍野各地にどっぷり、な日々を過ごす。 
ある日『どっぷりの手伝いをすべし~☆』と、ご先祖様からの啓示を受け現在にいたる。
愛を持って皆を叱咤激励しているにも関わらず上沼恵美子との声が…
占いと植物療法サロンやってます
出没スポット/お酒のある場所
出没スポット/阿倍野交差点にあるキレイな喫煙所

出没スポット/寺西家長屋前&昭南ビル
浦方 祐介(うらかた ゆうすけ) 岸本 怜子(きしもと れいこ) 大森 浩(おおもりひろし)

実行委員と「Let’sサークル@桃ヶ池!」の企画担当を兼任。 西成区でまちづくりの仕事をしながら、阿倍野区ではやりたいことを自由にやれるように。 昭和町に引っ越して、もうすぐ5年。 なじみのお店も、友人も増え、苦手だったお酒も少しは呑めるようになった。
好きなもの:映画、美術、音楽

元阿倍野区民。 ライブハウス運営会社の音響・照明部門で総務経理を担当。 音楽、イベント好きということから、どっぷりなご縁をいただきました。 人の人生を応援するen活を拡大中です!  移り住んでまだ2年の昭和町ビギナー。 妻は「あべのって」で駆けずり回り、夫は「どっぷり、昭和町。」の実行委員という特異な夫婦。 わいわいみんなで盛り上げて、みんなでどっぷり楽しんで、打ち上げで美味しいビールを飲むのが今年の目標! 本職は内装工事屋さん。街のお店やお家をリフォームしています。 趣味は料理とアウトドア。本当は桃ヶ池公園に出店したいけど今年はガマン。 
出没スポット/アポロシネマ、お米と日本酒のあるところ  出没スポット/美味しく楽しい匂いのする場所♪ 出没スポット/自宅キッチン、打ち上げ会場
<事務局>末元 花(すえもと はな)    
   

ポジションはみんなのマネージャー。
トレビノアズミの名前でぼちぼち活動中。学生時代はギターと演劇に没頭。以前イベント関係の仕事をしていたことも活かしつつ、地元昭和町の平和を祈る日々。メールとかLINE@は基本私が返しているので、気軽にご連絡・ご相談ください。

   
出没スポット/肉、カレー、あまいものが食べられるところ    

・・・平川隆啓、カツミ、and more

後援

  • 大阪市阿倍野区
  • 阿倍野区地域振興会(予定)